問6 2015年9月実技個人資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

Aさんが、平成27年中に、特定口座の源泉徴収選択口座で保有するX投資信託を基準価額10,000円(1万口当たり)ですべて解約した場合に徴収される所得税(復興特別所得税を含む)および住民税の合計額を計算した次の〈計算式〉の空欄(1)〜(3)に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、Aさんにはこれ以外にこの年における株式等の取引はなく、X投資信託からの元本払戻金(特別分配金)は購入後一度も受け取っていないものとし、《設例》に挙げられているもの以外の費用については考慮しないものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

〈計算式〉
・譲渡所得の金額
(□□□円−8,480円)×2,000,000口÷10,000口=( 1 )

・所得税(復興特別所得税を含む)および住民税の合計額
 所得税(復興特別所得税を含む)
 ( 1 )円×□□□%=□□□円
 住民税
  ( 1 )円×( 2 )%=□□□円
 合計額 □□□円+□□□円=( 3 )

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

株式投資信託換金時の所得税・住民税に関する問題です。

まず、投信の売却益=換金額−取得価額 となります。

換金額については、解約時の基準価額10,000円が該当しますが、X投資信託の場合は「信託財産留保額:解約時の基準価額に対して0.2%」とされています。
よって、換金額=10,000円−10,000円×0.2%=9,980円

次に取得価額とは、個別元本に販売手数料などの取得費用を加えた、投資金額のことです。
これに対し個別元本とは、同じ投資信託を追加購入した場合に、それぞれの口数に応じて加重平均した購入価格です。
ただし、本問の場合は「購入時手数料:なし」となっていますので、取得価額=個別元本です。

また、「X投資信託からの元本払戻金(特別分配金)は購入後一度も受け取っていない」とありますので、購入時の基準価額8,480円=個別元本となります(元本払戻金が発生していると、その分を差し引く必要があります)。

従って、Aさんの投信1万口当たりの売却益=9,980円−8,480円=1,500円
ただし、実際にはAさんは投信200万口を購入していますので、
200万口分の売却益=1,500円×200万口/1万口=300,000円

最後に、株式等に係る譲渡所得の税率は、20.315%(所得税15.315%・住民税5%)ですから、
・所得税:300,000円×15.315%=45,945円(復興特別所得税含む)
・住民税:300,000円×5%=15,000円
・合計額:45,945円+15,000円=60,945円

以上により正解は、(1)300,000(円) (2)5(%)  (3)60,945(円)

問5             第3問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.