第5問 2015年9月実技損保顧客資産相談業務

第5問 問題文と解答・解説

第5問 問題文

個人で不動産賃貸業を営んでいるAさん(72歳)の推定相続人は、妻Bさん(70歳)、長女Cさん(46歳)および二女Dさん(41歳)の3人である。Aさんは、妻Bさんおよび長女Cさんと同居しており、将来は長女Cさんに面倒を見てもらいたいと考えている。Aさんは、相続について、妻Bさんには現預金および自宅を、不動産賃貸業を手伝ってくれている長女Cさんには賃貸ビルを、二女Dさんには上場株式を相続させたいと考えている。しかし、長女Cさんに偏った相続が行われると、長女Cさんと二女Dさんとの間で争いが起こるのではないかと心配している。
二女Dさんは、Aさんに対して、教育資金の援助を期待しているようである。このため、Aさんは、二女Dさんの子2人に対して「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」の利用を考えている。
また、Aさんは、現在、生命保険に加入していないため、相続対策として一時払終身保険への加入を検討している。

ページトップへ戻る
   

第5問 資料

<Aさんの推定相続人>
妻Bさん : Aさんと自宅で同居している。
長女Cさん : Aさん夫妻と同居しており、Aさんの不動産賃貸業を手伝っている。
二女Dさん : 専業主婦。上場企業に勤務する会社員の夫と子2人(12歳と10歳)の4人暮らし。

<Aさんが保有する財産(相続税評価額)>
現預金 : 9,000万円
上場株式: 5,000万円
自宅(敷地360u): 3,000万円
自宅(建物)   : 1,000万円
賃貸ビル(敷地400u):1億2,000万円
賃貸ビル(建物)   :9,000万円
※敷地は、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」適用前の金額

<Aさんが加入を検討している一時払終身保険の内容>
契約者(=保険料負担者)・被保険者 : Aさん
死亡保険金受取人: 長女Cさん
死亡保険金額  : 2,000万円

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問12             問13

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.