問5 2015年9月実技損保顧客資産相談業務

問5 問題文と解答・解説

問5 問題文

次に、Mさんは、Aさんに対して、地震保険の商品内容等について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ〜ヲのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

@)「地震保険は、居住用建物および家財(生活用動産)を対象とし、地震もしくは噴火またはこれらによる津波を直接または間接の原因とする火災、損壊、埋没または流失による損害を補償する保険です。地震保険は、単独では加入することができず、火災保険等とセットで加入しなければなりません。地震保険の保険金額は、火災保険等の保険金額の( 1 )%の範囲内での設定となり、限度額は建物で( 2 )万円、家財で1,000万円となっています」

A)「地震保険の保険料は、建物の構造および所在地(都道府県別)に応じて決まります。また、『建築年割引』『耐震等級割引』『免震建築物割引』『耐震診断割引』の4種類の割引制度が設けられており、割引率は『耐震等級割引(耐震等級3)』および『( 3 )』の50%が最高となっています。なお、それぞれの割引制度の重複適用はできません」

B)「地震保険は、損害の程度により、契約金額の一定割合が支払われます。仮に、建物が全損に該当した場合は保険金額の100%、半損に該当した場合は保険金額の50%が支払われます。また、一部損に該当した場合は保険金額の( 4 )%が支払われます」

〈語句群〉
イ.10〜70  ロ.30〜50  ハ.50〜70  ニ.5  ホ.10  ヘ.15
ト.2,500  チ.3,000  リ.5,000  ヌ.建築年割引
ル.免震建築物割引  ヲ.耐震診断割引

ページトップへ戻る
   

問5 解答・解説

地震保険に関する問題です。

地震保険は、単独では加入できず、火災保険等に付帯して加入する必要がありますが、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30〜50%の範囲内(建物は上限5,000万円、家財は上限1,000万円)で、加入者が自由に設定できます。

地震保険の保険料は、建物の免震・耐震性能に応じて、建築年・耐震等級・免震建築物・耐震診断の4種類の割引制度があり、10%〜50%の割引が適用されます(重複不可・最大50%)。
地震保険の耐震等級割引(耐震等級3)と免震建築物割引の割引率は、平成26年7月1日以降の契約から50%に引き上げられました(以前は30%)。
なお、耐震等級2の耐震等級割引も、20%から30%に引き上げられています。

地震保険により支払われる保険金は、損害の割合によって3段階に分かれており、全損は契約金額の100%、半損50%、一部損5%で、いずれも時価が限度です。

以上により正解は、(1) ロ.30〜50  (2)リ.5,000  (3)ル.免震建築物割引  (4)ニ.5

問4             問6

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.