問6 2015年5月実技生保顧客資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

Mさんは,Aさんに対して,生命保険の見直しについてアドバイスをした。Mさんの,Aさんに対するアドバイスに関する次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 「先進医療は,治療効果が期待される反面,費用は高額となるケースも多く,また,健康保険における先進医療に係る費用の一部負担金(自己負担額)の割合は3割となるため,先進医療の保障を準備することも検討してください」

(2) 「現在加入している生命保険の保障内容を同額で更新した場合,更新後の保険料は上昇します。生命保険の見直しを考える際は,今後の収入や支出を十分に考慮したうえで,Aさんが支出可能な保険料の額を算出することも大切です」

(3) 「契約転換制度を利用して現在の保障内容を見直す際に,保険会社が指定した医師の診査を受けた場合,当該転換後契約はクーリング・オフ制度の対象となります」

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

先進医療、保険の更新、クーリング・オフに関する問題です。

(1) は、×。先進医療は、最新の先進技術として治療効果が高いものの、公的医療保険の適用外で、通常の治療と共通する基礎的部分以外、技術料が全額自己負担となります。

(2) は、○。特約部分の保険期間は10年ですので、同額保障で更新すると、10年前と比べて死亡等のリスクが高くなっていることから、更新後の保険料は上昇します。
生命保険の見直しを考えるのであれば、今後の収入や支出を十分に考慮しながら、保障額だけでなく、支出可能な保険料の額を算出することも大切です。

(3) は、×。転換した場合を含め、新規に生命保険を契約した際にはクーリング・オフの対象になります。ただし、契約のために保険会社指定の医師による診査を受けた場合には、自ら冷静に判断して契約締結したとみなされ、クーリング・オフの対象外となります。

問5             第3問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.