問9 2015年1月学科

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文択一問題

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.資金使途は、申込者またはその親族が居住するための新築住宅の建設・購入資金や中古住宅の購入資金などとされ、現在居住している住宅のリフォーム資金として利用することはできない。

2.融資金額は、住宅の建設費等の90%以内であり、8,000万円が上限とされている。

3.融資金利は、住宅金融支援機構が融資期間に応じて決定しており、取扱金融機関により異なることはない。

4.返済方法は、元利均等返済方式のみであり、元金均等返済方式を選択することはできない。

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

フラット35に関する問題です。

1.は、適切。フラット35は、申込者やその親族の居住用住宅の建設・購入資金に限られる(中古の購入も可)ため、リフォーム資金には利用できません

2.は、不適切。フラット35(買取型)の融資額は100万円以上8,000万円以下で、平成26年2月以降、融資率の上限は建築費・購入価額の10割までとなりました(以前は9割まで)。

3.は、不適切。フラット35の金利は、一律ではなく、取扱金融機関によって異なります

4.は、不適切。フラット35では、元利均等だけでなく、元金均等返済方式も利用可能です(民間の住宅ローンは元利均等のみとしていることが多いです)。

問8             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.