問8 2015年1月学科

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文択一問題

国民年金基金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者のほか、日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者も加入することができる。

2.国民年金基金の掛金は、原則として月額6万8,000円が上限となっている。

3.国民年金基金の老齢年金の基本年金額は、積立金の運用状況によって変動する。

4.国民年金基金の加入員は、厚生年金保険の被保険者になるなどの所定の事由に該当したときに加入員の資格を喪失し、自己の都合で任意に脱退することはできない。

ページトップへ戻る
   

問8 解答・解説

国民年金基金に関する問題です。

1.は、適切。国民年金基金には、国民年金の第1号被保険者のほか、60歳以上65歳未満の国民年金の任意加入被保険者も加入可能です(以前は第1号のみでしたが、年金確保支援法により、平成25年4月より加入可能となりました)。

2.は、適切。国民年金基金の掛金の上限は月額68,000円(個人型確定拠出年金に加入した場合は、合計額)です。

3.は、不適切。国民年金基金の老齢年金は、加入時の年齢によって基本年金額が異なりますが、積立金の運用状況で支給額は変動しません(ただし積立金は不足しており、新規加入者の保険料値上げや予定利率の引下げを行っています)。
なお、50歳未満で誕生月以外に加入した場合、加入の翌月から次年齢に達成するまでの月数に応じた額が、基本年金額に加算されます。

4.は、適切。国民年金基金は、加入は任意ですが、脱退は任意にすることはできず、脱退しても脱退一時金等で掛金が還付されることはありません。(将来年金として支給されます)。
脱退できるのは、別の都道府県に引っ越したり(地域型の場合)、サラリーマンになって国民年金の第1号被保険者でなくなった場合などです。

問7             問9

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.