問3 2014年9月実技損保顧客資産相談業務

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

Mさんが,妻Bさんに対して説明した遺族給付に関する次の記述(1)〜(3)について,適切なものには〇印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 「Bさんが受給することができる遺族基礎年金の額は,77万2,800円に長男Cさん(22万2,400円)および二男Dさん(7万4,100円)の加算額を加えた106万9,300円となります」

(2) 「遺族年金は,原則として,毎年2月,4月,6月,8月,10月および12月の6期に,それぞれの前月までの分が支給されます」

(3) 「Bさんが厚生年金保険の被保険者として働き始めた場合,遺族厚生年金は,総報酬月額相当額の多寡によって,年金額の一部または全部が支給停止となる場合があります」

ページトップへ戻る
   

問3 解答・解説

遺族基礎年金・在職老齢年金に関する問題です。

(1) は、×。遺族基礎年金=満額の老齢基礎年金+子の加算(平成26年度額:基礎年金772,800円、第1子・第2子各222,400円、第3子以降各74,100円)です。
従ってBさんが受給する遺族基礎年金=772,800円+222,400円×2=1,217,600円 となります。

(2) は、○。年金は2ヶ月に1回、年6回(偶数月)に分けて支給されます(老齢基礎年金に限らず、老齢厚生年金や遺族年金・障害年金も同様)。

(3) は、×。60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金や、65歳以降の老齢厚生年金を受給する場合には、在職老齢年金の仕組みにより、基本月額(月額換算の年金)と総報酬月額相当額(月額換算の賃金)の合計に応じて、年金額の全部または一部が支給停止となります。
Bさんの場合、昭和46年10月10日生まれのため、特別支給の老齢厚生年金は支給されず、65歳までは支給停止はありません。その後、65歳から自身の老齢厚生年金を受給し、それまで受給していた遺族厚生年金との差額を、改めて遺族厚生年金として受給します。
この段階において、在職老齢年金による支給停止基準に抵触する場合には、自身の老齢厚生年金が支給停止されます。

問2             第2問

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.