問12 2014年9月学科

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文択一問題

生命保険料に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.保険料払込猶予期間は、保険料の払込方法が月払いである場合、払込期月の翌月の初日から翌々月の末日までである。

2.保険料払込猶予期間中に保険金や給付金の支払事由が生じた場合、未払込保険料を差し引いて保険金や給付金が支払われる。

3.自動振替貸付制度は、自動的に解約返戻金を未払込保険料に充当するものであり、振り替えられた保険料(貸付金)に利息が付くことはない。

4.失効した保険契約を復活する場合、復活時の年齢に応じた保険料率でその後の保険料が計算される。

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

生命保険料の払込猶予・貸付に関する問題です。

1.は、不適切。生命保険の保険料は、口座振替による払込が一般的ですが、口座残高が足りず保険料が引き落とせなかった場合でも、すぐに契約は解消されず、払込猶予期間内に保険料を支払えば、保険契約を存続できます。
保険料を月払い契約(団体月払い除く)にしていた場合、払込猶予期間は払込期月の翌月1日から末日まで、つまり翌月中です。

2.は、適切。保険料払込猶予期間中に、保険金や給付金の支払事由が生じた場合、未払込保険料を差し引いて保険金・給付金が支払われます。

3.は、不適切。払込猶予期間内を過ぎても、解約返戻金があれば、その範囲内で保険会社が保険料を立て替えて契約は継続されます(自動振替貸付)が、振り替えられた保険料には利息が付くため、後日保険料を払い込む場合には、未払い分とともに利息の払い込みも必要です。

4.は、不適切。生命保険の復活とは、契約失効中の保険料・利息を一括して払い込むことで、失効前と同条件の保険契約を継続できる仕組みです。
よって、保険料(保険料率)や契約内容は失効する前と同じです。

問11             問13

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.