問6 2014年5月実技資産設計提案業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

債券の格付けに関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

<参考:一般的な格付けの例>
AAA・・元利金支払いの確実性は最高水準
AA・・・確実性は極めて高い
A・・・・確実性は高い
BBB・・現在十分な確実性があるが、将来環境が大きく変化した場合その影響を受ける可能性がある
BB・・・将来の確実性は不安定
B・・・・確実性に問題がある
CCC・・債務不履行になる可能性がある
CC・・・債務不履行になる可能性は極めて高い
C・・・・債務不履行になる可能性が極めて高く、当面立ち直る見込みがない
D・・・・債務不履行に陥っている

・ 投資適格債の基準になっている格付けは、( ア )以上である。
・ 投機的債券は、通常、( イ )といわれている。
・ 債券の格付けは、債券の( ウ )の判断に用いられる。

<語群>
1.AA格  2.A格  3.BBB格
4.ジャンク債  5.サムライ債  6.劣後債
7.流動性リスク  8.信用リスク  9.為替リスク

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

債券投資に関する問題です。

債券の格付けは、第三者である格付機関が行っている(例:ムーディーズ、スタンダード&プアーズ)、債券や債券の発行体の信用評価の結果ですので、債券の信用リスク(債務不履行となるリスク)の判断に用いられます。

格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。
なお、投機的債券は、通称「ジャンク債」といわれます(ジャンク=がらくた)。

よって正解は、(ア)3.BBB格  (イ)4.ジャンク債  (ウ)8.信用リスク

問5             問7

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.