第4問 2014年1月実技個人資産相談業務

第4問 問題文と資料

第4問 問題文

Aさん(66歳)は,首都圏近郊に所有する戸建住宅(4LDK)に妻Bさん(67歳)と2人で暮らしている。Aさん夫婦には3人の子がいるが,すでにそれぞれが独立して生計を立てている。現在の戸建住宅は夫婦2人で住むには部屋数も多く,Aさんは体力が衰えてきたこともあり,その管理等に煩わしさを感じるようになってきた。そこで,Aさんは,戸建住宅を賃貸または売却し,夫婦2人で住むための手ごろなマンションに住み替えることを検討している。なお,Aさんは,戸建住宅を売却する場合,更地にしてからその敷地を売却しようと考えている。

ページトップへ戻る
   

第4問 資料

Aさんが現在居住している戸建住宅の概要は,以下のとおりである。

〈Aさんが現在居住している戸建住宅(建物およびその敷地)の概要〉
・取得日  : 昭和50年8月5日
・取得費  : 不明
・譲渡価額 : 4,000万円(更地にした場合の金額)
・譲渡費用 : 300万円 (建物の取り壊し費用を含めた金額)

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問9             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.