第5問 2014年1月実技生保顧客資産相談業務

第5問 問題文と資料

第5問 問題文

Aさん(72歳)は,X株式会社(以下,「X社」という)の代表取締役社長である。Aさんは,長男Cさん(43歳)に事業を引き継ぐことを考えているが,相続財産に占める自社株の割合が高いため,長女Dさん(35歳)との間で遺産分割を巡る争いが起こることを心配している。
そこで,Aさんは,自身の相続開始前に遺産分割にある程度の道筋をつける意味から,家族と話合いをしたうえで,平成25年中に財産の一部を贈与した。
また,平成26年中に,孫Eさん(14歳)に対して,「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」(以下,「教育資金の非課税特例」という)を利用し,教育資金口座の開設等を行い,教育資金を一括して拠出する予定である。

ページトップへ戻る
   

第5問 資料

Aさんの家族構成および平成25年中にAさんが贈与した財産に関する資料は,以下のとおりである。

<Aさんの家族構成>


<平成25年中にAさんが贈与した財産に関する資料>
(1) 妻Bさんに対する贈与財産
自宅(土地および建物) : 6,000万円(相続税評価額)

(2) 長男Cさんに対する贈与財産
X社株式 : 3,000万円(相続税評価額)

(3) 長女Dさんに対する贈与財産
国債 : 500万円(相続税評価額)
現金 : 500万円

※妻Bさんおよび長男Cさん,長女Dさんは,上記の贈与以外に過去および平成25年中に財産の贈与を受けた事実はない。
※Aさんの推定相続人は,妻Bさん,長男Cさんおよび長女Dさんの3人である。
※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問12             問13

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.