問17 2013年9月実技資産設計提案業務

問17 問題文と解答・解説

問17 問題文

個人住民税(所得割)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.給与所得に係る個人住民税の税額は、前年分の所得金額に基づいて計算される。

2.個人住民税にも所得税と同様に所得控除があり、個人住民税の基礎控除額は38万円である。

3.給与所得者の場合は、原則として特別徴収の方法により、給与所得に係る個人住民税額が6月から翌年5月までの12回に分割され、毎月の給与から徴収される。

4.平成25年度の個人住民税は、平成25年の途中で転居しても、平成25年1月1日現在の住所地の市町村に対して納付することとなる。

ページトップへ戻る
   

問17 解答・解説

個人住民税に関する問題です。

1.は、適切。個人住民税は、前年の所得に基づいて税額が計算されます。このため、就職した最初の年は住民税がかからなかったのに、次の年から住民税が徴収されて、2年目の方が手取りが少ない、ということがあります。

2.は、不適切。個人住民税にも所得税と同様に所得控除がありますが、個人住民税の基礎控除額は33万円(所得税は38万円)です。

3.は、適切。給与所得者の場合、毎月の給与から勤務先の企業が所得税・個人住民税を天引き(特別徴収)します(賞与(ボーナス)からは住民税が引かれません)。
個人住民税は、前年の所得に基づく税額を12分割して毎月天引き(6月から翌年5月まで)するため、ボーナスからは引かれないわけです。

4.は、適切。個人住民税は、その年の1月1日現在の居住地で課税されるため、年の途中で転居しても、1月1日現在の住所地の市町村に納付します。

問16             問18
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.