第3問 2013年9月実技中小事業主資産相談業務

第3問 問題文と資料

第3問 問題文

食料品小売業を営むX株式会社(資本金1,000万円,代表取締役社長のAさんが発行済株式の100%を所有している。以下,「X社」という)の平成26年3月期(平成25年4月1日〜平成26年3月31日。以下,「当期」という)における法人税の申告に係る資料は,以下のとおりである。なお,復興特別所得税および復興特別法人税は考慮しないものとする。

ページトップへ戻る
   

第3問 資料

〈資料〉
1.当期のX社とAさんとの取引に係る事項
当期中にX社はAさんから土地および建物を4,000万円で購入している。

2.当期の決算に関する事項
(1) 「未払法人税等」(負債勘定)と「法人税・住民税及び事業税」(費用勘定)に関する事項
X社では当期中に「未払法人税等」(負債勘定)を取り崩し,前期確定申告分の法人税額および法人住民税額146万円と,事業税額および地方法人特別税額48万円を支出している。また,「法人税・住民税及び事業税」(費用勘定)には当期中間申告分の法人税額および法人住民税額73万円と,事業税額および地方法人特別税額24万円,預金の利子について源泉徴収(特別徴収)された所得税額6万円および住民税の利子割額2万円を計上している。なお,源泉徴収(特別徴収)された所得税額と住民税の利子割額は,それぞれ当期の法人税額と法人住民税額から控除することを選択するものとする。

(2) 交際費等に関する事項
X社の当期における交際費等の金額は920万円であり,全額を損金経理により支出している。

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問6             問7
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.