問14 2013年5月実技資産設計提案業務

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

住吉さんが保険契約者(記名被保険者)である自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)と任意の自動車保険に関する次の(ア)〜(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、いずれの保険も特約は付帯していないものとする。

(ア)住吉さんが自動車を運転中に誤って電柱に衝突し、同乗していた子にケガを負わせた場合、自賠責保険の保険金の支払い対象となる。

(イ)住吉さんが自動車を運転中に地震が発生し、押し寄せた津波に巻き込まれて自動車が損害を被った場合、車両保険の保険金の支払い対象となる。

(ウ)住吉さんが自動車の車庫入れの際に、ハンドル操作を誤って、誘導していた妻に接触しケガを負わせた場合、対人賠償保険の保険金の支払い対象となる。

(エ)住吉さんが酒酔い運転でガードレールにぶつかりケガを負った場合、自損事故保険の保険金の支払い対象となる。

ページトップへ戻る
   

問14 解答・解説

自賠責保険・任意保険に関する問題です。

(ア)は、○。自賠責保険の補償対象は、「他人」のみ=運転者・運行供用者以外、です(運行供用者=自分の車の運転者、父の車を子が運転する場合の父、運送会社・タクシー会社等)。
従って、自動車事故で自分の家族(父母・配偶者・子)を死傷させた場合でも、死傷した家族が自賠法上の運行供用者でも運転者でもないときは法律上の「他人」として、自賠責保険の支払対象となります。

(イ)は、×。車両保険は、盗難または衝突、接触、火災、爆発、台風、洪水などの偶然な事故による契約車両の損害に対して、補償されますが、地震や噴火によって生じた津波や地震・噴火による損害は、特約の付帯が必要です。
地震・噴火・津波は、別途契約したり特約付帯が必要なのは、地震保険と同じですね。

(ウ)は、×。対人賠償保険では、運転者自身・父母・配偶者・子に対する損害に対しては、補償対象外です(対物賠償も同じ)。よって、運転者が自損事故を起こし、同乗していた自分の妻が負傷しても対人賠償の補償対象外です。

(エ)は、×。自損事故保険は、単独事故や相手に過失のない車同士の事故等、自賠責保険で補償されない事故による死亡・後遺障害・ケガを補償する保険ですので、ガードレールへの衝突事故によるケガは補償対象です。
ただし、自損事故保険に限らず任意保険では、飲酒運転による運転者自身のケガやその車の損害は、補償対象外です(対人・対物賠償は補償されます)。

問13             問15
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.