第4問 2013年5月実技個人資産相談業務

第4問 問題文と資料

第4問 問題文

Aさん(50歳)は,現在,自宅マンションに妻と子2人の4人で暮らしている。Aさんは,昨年6月に,父親の相続により,下記のコインパーキング(甲土地),および木造賃貸アパートとその敷地(乙土地)を取得し,司法書士に依頼して相続登記を完了した。
相続した賃貸アパートは老朽化し建替えの時期に来ているため,Aさんはこれを取り壊し,甲土地との一体利用により鉄骨造りの賃貸アパート(耐火建築物)を新築したいと考えている。
そこで,Aさんはアパートの新築,および賃貸アパートを経営するうえでの留意点について,ファイナンシャル・プランナーから説明を受けることにした。

ページトップへ戻る
   

第4問 資料



○甲土地             ○乙土地
・用途地域:近隣商業地域     ・用途地域 :第一種住居地域
・前面道路幅員による容積率の制限 ・前面道路幅員による容積率の制限
 :前面道路幅員×6/10      :前面道路幅員×4/10
・防火規制:防火地域       ・防火規制 :準防火地域
・指定建ぺい率:80%       ・指定建ぺい率:60%
・指定容積率: 300%       ・指定容積率 :200%

※甲土地,および甲土地と乙土地の一体地は,ともに建ぺい率の緩和について特定行政庁が指定する角地である。

※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問9             問10
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.