問30 2013年5月学科

問30 問題文と解答・解説

問30 問題文択一問題

わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.国内銀行に預けられている外貨預金は、預金保険による保護の対象である。

2.国内銀行が保護預かりしている国内設定の投資信託は、投資者保護基金による補償の対象である。

3.国内証券会社が保護預かりしている一般顧客の外国株式は、投資者保護基金による補償の対象である。

4.郵政民営化前に加入し郵政民営化後も継続している簡易生命保険契約は、生命保険契約者保護機構による補償の対象である。

ページトップへ戻る
   

問30 解答・解説

金融機関の破綻等に対するセーフティネットに関する問題です。

1.は、不適切。外貨預金は預金保険制度の保護対象外のため、金融機関破綻時も保護されません。

2.は、不適切。銀行は投資者保護基金に加入していないため、銀行で購入した投資信託は、投資者保護基金の保護対象ではありません
ただし投資信託の場合、銀行・生保・証券会社といった販売会社に関わらず、受託会社(信託銀行)でファンド毎に信託財産を分別管理しているため、委託会社、販売会社、受託会社の信用リスク(経営破綻等)の影響を受けない制度となっています。

3.は、適切。国内の証券会社に預託した外国株式や外貨建てMMFは、投資者保護基金の補償対象となります。

4.は、不適切。かんぽ生命保険は、民営化前の契約は政府補償対象で、民営化後の契約が、生命保険契約者保護機構の補償対象となります。

問29             問31
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.