問29 2013年5月学科

問29 問題文と解答・解説

問29 問題文択一問題

下記の<資料>に基づくファンドAとファンドBの過去5年間の運用パフォーマンスの比較評価に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

<資料>ファンドAとファンドBの過去5年間の運用パフォーマンスに関する情報
ファンド名  実績収益率の平均値  実績収益率の標準偏差
ファンドA     11.4%        4.0%
ファンドB      2.7%        1.0%

ポートフォリオの運用パフォーマンスについては、シャープレシオを尺度として評価する方法がある。シャープレシオは、ポートフォリオの超過収益率(実績収益率の平均値−無リスク資産利子率)を標準偏差で除して算出される。
無リスク資産利子率を1.0%として、<資料>の数値によりファンドAのシャープレシオの値を算出すると、その値は( ア )となる。この値と、同様の方法により算出したファンドBのシャープレシオの値により、ファンドAとファンドBの運用パフォーマンスを比較すると、過去5年間は( イ )の方が効率的な運用であったと評価することができる。

1.(ア)2.6 (イ)ファンドA

2.(ア)2.6 (イ)ファンドB

3.(ア)3.1 (イ)ファンドB

4.(ア)3.1 (イ)ファンドA

ページトップへ戻る
   

問29 解答・解説

シャープレシオに関する問題です。

シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷標準偏差 ですので、
ファンドAのシャープ・レシオ=(11.4%−1%)÷4%=2.6
ファンドBのシャープ・レシオ=(2.7%−1%)÷1%=1.7

シャープ・レシオは、標準偏差で測ったリスク1単位に対して、超過収益率がどれだけあったかを示すものですから、値が大きいほど超過収益率が高い=優れた金融商品ということです。
従って、シャープ・レシオからみて優れている金融商品は、Aです。

よって正解は、1.(ア)2.6 (イ)ファンドA

問28             問30
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.