問29 2012年5月実技資産設計提案業務

問29 問題文と解答・解説

問29 問題文

大介さんは、マンション取得時の住宅ローンとして、フラット35(買取型)に関心がある。フラット35(買取型)に関する下表の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

●借入金利
 :固定金利であり、( ア )時の金利が適用される。
●借入れの対象となる住宅
 :新築の場合、住宅の建設費(土地取得費がある場合はその費用を含む)または購入価額が( イ )以下
●一部繰上げ返済
 :繰上げ返済日は毎月の返済日となり、返済できる金額は( ウ )以上

<語群>
1.資金の受取り     2.申込み        3.物件検査申請
4. 6,000万円   5. 9,000万円   6. 1億円
7. 10万円      8. 50万円      9. 100万円

ページトップへ戻る
   

問29 解答・解説

フラット35に関する問題です。

フラット35は、全期間固定金利で融資実行時点(資金受取時点)での金利が適用され、利用条件の1つとして、新築の場合建設費または購入価額が1億円以下(消費税含む)であることが必要です。

また、フラット35で一部繰上げ返済する場合、毎月の返済日が繰上げ返済日となり、100万円以上から繰上げ返済が可能です。

従って正解は、(ア)資金の受取り、(イ)1億円、(ウ)100万円

問28             問30
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Sponsored Link

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.