問24 2012年5月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

債券の一般的な仕組みや特徴等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.利付債券の表面利率(クーポンレート)は、1年間に支払われる利子の額面金額に対する割合を示す。

2.アンダーパー発行の債券を発行時に購入し、額面金額で償還された場合、償還差益が発生する。

3.日本の公社債市場において、発行額が最も多いのは、日本政府が発行する債券(国債)である。

4.国債のイールドカーブが逆イールドであるとき、残存期間が長い国債は、残存期間の短い国債よりも、利回りが高い。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の仕組み・特徴に関する問題です。

1.は、適切。利付債券の表面利率(クーポンレート)は、1年間に支払われる利子の額面金額に対する割合です。
従って、実際の購入価額に対する利回りとは異なります。

2.は、適切。アンダーパー発行の債券は、額面よりも低い金額で売り出される債券ですので、発行時に購入し、額面金額で償還されると、償還差益が発生します。

3.は、適切。日本の公社債市場で発行額が最も多いのは、日本政府が発行する債券=国債です。
財政赤字を国債でまかなっている状態ですから、平成24年度の発行予定額は38兆円 と非常に巨額で、市場で最も多額となるのも当然ですね。

4.は、不適切。イールドカーブとは、残存年数の異なる債券の利回りを、線で結んでグラフにしたもの(縦軸:利回り、横軸:期間)で、右上がりの曲線を順イールド、右下がりの曲線を逆イールドといいます。

つまり、残存期間の短い債券より長い債券の利回りが高いとき、期間が長いほど利回りが高くなるわけですから、イールドカーブは右上がりの曲線=順イールドとなり、反対に残存期間の短い債券より長い債券の利回りが低いとき、期間が長いほど利回りが低くなるわけですから、イールドカーブは右下がりの曲線=逆イールドとなります。

従って、国債のイールドカーブが逆イールドのとき、残存期間が長い国債が、残存期間の短い国債よりも、利回りが低いことを示します。

問23             問25
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.