問7 2012年5月学科

問7 問題文と解答・解説

問7 問題文択一問題

公的年金の併給調整に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.老齢基礎年金の繰上げ受給者が、遺族厚生年金の受給権を取得した場合、65歳に達するまでの間は、いずれか一方の年金を選択して受給する。

2.障害基礎年金の受給者が、60歳台前半の老齢厚生年金の受給権を取得した場合、65歳に達するまでの間は、いずれか一方の年金を選択して受給する。

3.老齢基礎年金と障害厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合には併給される。

4.障害基礎年金と遺族厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合には併給される。

ページトップへ戻る
   

問7 解答・解説

公的年金の併給調整に関する問題です。

年金は一人一年金が原則ですが、いくつか例外的に併給できる場合があります。
(いずれも受給権者が65歳以降の場合)
障害基礎+老齢厚生:障害年金の受給者が65歳になり、老齢厚生年金も受給。
障害基礎+遺族厚生:障害年金の受給者が、配偶者の死亡により、65歳以降に遺族厚生年金も受給。
老齢基礎+遺族厚生:老齢年金の受給者が、配偶者の死亡により遺族厚生年金も受給。ただし、老齢厚生年金の受給資格もある場合は、遺族厚生年金と老齢厚生年金の差額を遺族厚生年金として受給(それまで受給していた遺族厚生年金のうち、老齢厚生年金相当額が支給停止となる)。

1.は、適切。老齢基礎年金と遺族厚生年金は併給可能ですが、老齢基礎年金を繰上げ受給していて、遺族厚生年金の受給権を取得した場合には、65歳になるまではいずれか一方しか支給されません

2.は、適切。障害基礎年金と老齢厚生年金は併給可能ですが、65歳になるまでは、いずれか一方しか支給されません。 よって、障害年金の受給者が60歳台前半になって、特別支給の老齢厚生年金の受給資格を得た場合、どちらかを選択して受給します。

3.は、不適切。障害厚生年金と老齢基礎年金は併給できません。障害厚生年金の受給者が65歳になったら、障害基礎+障害厚生年金(3級障害の場合は障害厚生のみ)か、老齢基礎+老齢厚生のいずれかを選択して受給することになります。

4.は、適切。障害基礎年金と遺族厚生年金は、受給権者が65歳以上の場合に併給可能です。

問6             問8
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.