問31 2012年1月実技資産設計提案業務

問31 問題文と解答・解説

問31 問題文

修さんは、盲腸炎で7日間入院し、平成23年11月の医療費が総額450,000円かかったため、FPの米田さんに健康保険の高額療養費制度について質問をした。米田さんが説明した高額療養費制度に関する下図の空欄(ア)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。なお、修さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者であり、修さんの所得区分は「一般」に該当するものとする。 

 

<1ヵ月当たりの医療費の自己負担限度額/70歳未満の人>
上位所得者 150,000円+(医療費−500,000円)×1%
一般         80,100円+(医療費−267,000円)×1%
低所得者     35,400円
※多数該当については考慮しない。

ページトップへ戻る
   

問31 解答・解説

高額療養費に関する問題です。

サラリーマンなどの会社員が加入する健康保険では、70歳未満の場合、医療費の自己負担は原則3割ですが、自己負担額には上限があり、自己負担限度額を超えた分については、高額療養費として支給されることになります。

修さんの窓口負担額=総医療費×3割
                 =450,000円×3割=135,000円

70歳未満の一般所得者の自己負担限度額は、80,100円+(総医療費−267,000円)×1% ですので、
修さんの自己負担限度額=80,100円+(450,000円−267,000円)×1%
                     =80,100円+1,830円
                     =81,930円

従って、高額療養費=窓口負担額−自己負担限度額
                 =135,000円−81,930円=53,070円

従って正解は、53,070円

問30             問32
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.