問11 2012年1月実技資産設計提案業務

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文

岡さんは、最近、同じ病気で2回入院をした。岡さんが契約している医療保険(下記参照)から受け取れる入院給付金の日数として、正しいものはどれか。なお、岡さんはこれまでにこの医療保険から一度も給付金を受け取っていないものとする。また、手術給付金については考慮しないものとする。
<岡さんの入院日数>
(1回目の入院):40日間
(退院〜再入院):22日間
(2回目の入院):30日間

<岡さんの医療保険の入院給付金(日額)の給付概要>
・ 給付金の支払い条件:5日以上の入院で入院5日目より支払う。
・ 1入院限度日数:   60日
・ 通算限度日数 :1,095日
・ 180日以内に同じ病気で再度入院した場合は、1回の入院とみなす。

1.1回目の入院につき36日分、2回目の入院につき24日分
2.1回目の入院につき36日分、2回目の入院につき30日分
3.1回目の入院につき40日分、2回目の入院につき24日分
4.1回目の入院につき40日分、2回目の入院につき30日分

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

医療保険の入院給付金に関する問題です。

本問の医療保険では、「5日以上入院をしたとき、5日目より支払う。」とありますから、入院4日目までは支払対象外です。
よって、1回目の入院では、40日−4日=36日分が支払日数です。

また、「※180日以内に同じ病気で再度入院した場合は、1回の入院とみなす。」とありますから、2回目の入院では1日目から支払対象となりますが、1入院限度日数は60日までです。
1回目36日+2回目30日=66日間ですので、6日分は支払対象外となります。
よって、2回目の入院では、30日−6日=24日分が支払日数です。

従って正解は、1回目の入院につき36日分、2回目の入院につき24日分

問10             問12
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Sponsored Link

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.