問8 2012年1月実技資産設計提案業務

問8 問題文と解答・解説

問8 問題文

新築住宅に対する固定資産税の減額制度に関する下記<資料>の空欄(ア)〜(エ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>
[新築住宅に対する固定資産税の減額(認定長期優良住宅でない場合)]
要件
 ・ 専用住宅、併用住宅(併用住宅の場合、居住用部分の床面積の割合が全体の2分の1以上)
 ・ 居住用部分の床面積が( ア )u(一戸建ての場合)以上280u以下

内容
 ・( イ )uまでの床面積に対する固定資産税額の( ウ )を減額

期間
 ・ 3階建て以上の中高層耐火構造等の場合は( エ )年度分
 ・ 一般の住宅(木造等)は3年度分

1.(ア)30  (イ)120  (ウ)1/2  (エ)7
2.(ア)30  (イ)240  (ウ)1/3  (エ)5
3.(ア)50  (イ)240  (ウ)1/3  (エ)7
4.(ア)50  (イ)120  (ウ)1/2  (エ)5

ページトップへ戻る
   

問8 解答・解説

固定資産税に関する問題です。

平成24年3月31日までに新築住宅を取得した場合、固定資産税が減額される特例があります。

居住用部分の床面積が50u以上280u以下の住宅が対象で、床面積120u以下の部分について、固定資産税が1/2となります。
適用期間は、一般住宅は新築後3年間、3階建て以上の耐火・準耐火構造住宅は新築後5年間です。

以上により正解は、(ア)50 (イ)120 (ウ)1/2 (エ)5

問7             問9
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Sponsored Link

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.