第5問 2012年1月実技個人資産相談業務

第5問 問題文と資料

第5問 問題文

Aさんは,同居している妻Bさんおよび長男Cさんに対して円滑に財産を移転するため,生前贈与をしたいと考えている。また,妻Bさんも長男Cさんへの生前贈与を考えているので,2人でファイナンシャル・プランナーに相談することにした。
なお,Aさんおよびその親族は全員,日本国内に住所を有し,財産はすべて日本国内にある。 

ページトップへ戻る
   

第5問 資料

〈Aさんの親族関係図〉 
 

〈生前贈与財産の贈与時点の相続税評価額〉
・妻Bさんに対する贈与
Aさんが妻Bさんと同居している下記の家屋およびその敷地のそれぞれ25%を贈与する。
 家屋: 10,000千円(家屋全体の評価額)
 敷地:100,000千円(敷地全体の評価額)

・長男Cさんに対する贈与
Aさんからの贈与 :預金30,000千円
妻Bさんからの贈与:預金10,000千円

*長男Cさんは過去に相続時精算課税制度の適用を受けたことがない。

〈参考〉
贈与税の速算表
 
※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問12             問13
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.