問9 2012年1月実技中小事業主資産相談業務

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

X社の固定比率と自己資本比率を求めなさい。なお,自己資本の額は,純資産の額と同額であるものとする。それぞれ計算過程を示し,答は%表示における小数点以下第3位を四捨五入すること。

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

固定比率と自己資本比率に関する問題です。

固定比率は、設備投資等の固定資産への投資が、自己資本でどの程度賄われているかを判断する指標です。
計算式:固定比率(%)=固定資産÷自己資本×100

このうち、自己資本は純資産から少数株主持分を差し引いたものですが、本問では少数株主持分の記載がないため、単純に貸借対照表の値を当てはめて計算します。
よってX社の固定比率=固定資産合計91,400÷純資産56,000×100
                  =163.214…≒163.21%

次に、自己資本比率は、総資産に対する自己資本の割合です。
計算式:自己資本比率=自己資本÷総資産×100

よってX社の自己資本比率=純資産56,000÷総資産330,000×100
                      =16.9696…≒16.97%

問8             第4問
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.