問10 2011年9月実技(資産設計)

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文

    三上正太郎さんが契約者(保険料負担者)および被保険者として加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。
    なお、保険契約は有効に継続し、かつ各特約(更新型)も自動更新しているものとし、正太郎さんはこれまでに<資料>の保険から、保険金・給付金を一度も受け取っていないものとする。また、1、2の記述はそれぞれ独立した問題であり、相互に影響を与えないものとする。

    <資料>(↓クリックで拡大)
     


    1.三上正太郎さんが、現時点で不慮の事故(交通事故)により死亡(即死)した場合、保険金( ア )万円を受け取ることができる。

    2.三上正太郎さんが、現時点で初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため24日間入院しその間に1回手術を受けた場合、保険金・給付金合計で( イ )万円を受け取ることができる。

ページトップへ戻る
   

問10 解答・解説

生命保険の保障内容に関する問題です。

三上正太郎さんが現時点で不慮の事故(交通事故)により死亡(即死)した場合、終身保険・定期保険特約・特定疾病保障定期保険特約・傷害特約・災害割増特約からそれぞれ保険金・給付金が支給されます。
※「特定疾病保障定期保険特約」は、脳卒中・ガン・急性心筋梗塞になった際に保険金が支払われますが、死亡・高度障害状態に陥った際は、原因が特定疾病でなくても保険金が支払われる特約です。
なお、不慮の事故で180日以内に死亡した場合、傷害特約が上乗せされます(災害割増特約も同様)。
※傷害特約:不慮の事故による死亡・身体障害が支払対象(障害の程度に応じて給付)
※災害割増特約:不慮の事故による死亡・高度障害が支払対象


よって、本問の定期保険特約付終身保険で支払われる死亡保険金合計額は、
終身200万円+定期2,300万円+特定疾病300万円+傷害500万円+災害割増500万円=合計3,800万円 となります。

また、ガンで入院した場合、本問の定期保険特約付終身保険からは特定疾病保障定期保険特約、疾病入院特約、生活習慣病医療特約によってそれぞれ保険金・給付金が支払われます(災害入院特約はケガによる入院が対象)。
生活習慣病(成人病)医療特約の給付対象:ガン、脳血管疾患、心臓疾患、高血圧性疾患、糖尿病
さらに、本問の定期保険特約付終身保険では、疾病入院特約について、ガン手術時に入院給付金日額の40倍の手術給付金が支払うとしています。

よって、ガンで24日間入院し、手術を1回受けた場合の保険金合計額は、
特定疾病保険金:300万円
入院給付金: (疾病入院0.7万円+生活習慣病0.5万円)×20日間=24万円
※入院特約は入院5日目からの給付のため、期間は20日間。
手術給付金:疾病入院0.7万円×40倍=28万円
合計:300万円+24万円+28万円=352万円 となります。

以上により正解は、(ア)3,800、(イ)352

問9             問11
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.