問11 2011年9月実技(資産設計)

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文

    生命保険の保険料の支払いが困難になった場合に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

    ・ 口座残高が足りず保険料が引き落とせなかった場合には、すぐに契約がなくなるわけではなく、( ア )内に保険料を支払えば、そのまま契約を存続させることができる。なお、( ア )は、月払い契約(団体月払いではない)では、払込期月の翌月1日から末日までである。

    ( ア )内に保険料を払い込むことができなかった場合、解約返戻金があればその範囲内で保険会社が保険料を立て替える形で契約は継続する。この仕組みを( イ )という。なお、立て替えられた保険料には所定の利息がかかる。

    ・ 保険料の( ア )内に払い込めず、さらに( イ )も利用できなかった場合、契約の効力はなくなり、万一の場合に保険金を受け取ることはできなくなる。これを( ウ )という。

    ・ 契約によっては、保険会社の承認を得て、( ウ )となった契約を元通りにすることができる。ただし、保険会社所定の期間内(3年など)で、その時点で健康に関する告知や診査を行って特に問題がなく、( ウ )となっていた間の保険料および利息を払い込むことが必要となる。

     


    1.(ア)払込猶予期間 (イ)契約者貸付   (ウ)復活
    2.(ア)てん補期間   (イ)契約者貸付   (ウ)失効
    3.(ア)てん補期間   (イ)自動振替貸付  (ウ)復活
    4.(ア)払込猶予期間 (イ)自動振替貸付  (ウ)失効

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

生命保険の保険料の払込に関する問題です。

生命保険の保険料は、口座振替による払込が一般的ですが、口座残高が足りず保険料が引き落とせなかった場合でも、すぐに契約は解消されず、払込猶予期間内に保険料を支払えば、保険契約を存続できます。
保険料を月払い契約(団体月払い除く)にしていた場合、払込猶予期間は払込期月の翌月1日から末日まで、つまり翌月中です。

また、払込猶予期間内を過ぎても、解約返戻金があれば、その範囲内で保険会社が保険料を立て替えて契約は継続されます(自動振替貸付)。

さらに、払込猶予期間内を過ぎ、自動振替貸付も利用できなかった場合には、保険契約は失効します(その後保険会社の承認の上で、失効中の保険料・利息を払い込むことで、失効した契約を復活させることも可能です)。

従って正解は、4.(ア)払込猶予期間 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効

問10             問12
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.