第5問 2011年9月実技個人資産相談業務

第5問 問題文と資料

第5問 問題文

次の設例に基づいて,下記の各問(《問13》〜《問15》)に答えなさい。

《設 例》
Aさんは現在妻Bさんと2人で暮らしている。Aさんと妻Bさんとの間に子はなく,20年前に離婚した先妻との間に子(長男Cさん)がいる。
Aさんは最近妻BさんからAさんの相続のことが心配なので,遺言書を作成するよう言われている。また,長男Cさんからは「平成23年中に50,000千円のマンションを購入する予定であり,30,000千円は自分で負担するので,残りの20,000千円を援助してほしい」と頼まれている。そこで,これらのことについてファイナンシャル・プランナーに相談することにした。
なお,Aさんおよびその親族は全員,日本国内に住所を有し,財産はすべて日本国内にある。

ページトップへ戻る
   

第5問 資料

    〈親族関係図〉
     

     

    〈Aさんの主たる財産〉
      ・金融資産
        有価証券 :  20,000千円
        預貯金  : 120,000千円
      ・自宅の家屋の敷地(宅地)
        敷地面積 : 300u
        平成23年分の自用地としての価額 : 150,000千円
        (「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用前)
      ・自宅の家屋
        固定資産税評価額 : 5,000千円

    ※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問12             問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.