問51 2011年9月学科

問51 問題文と解答・解説

問51 問題文択一問題

    贈与に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、死因贈与については考慮しないものとする。

    贈与は、無償で財産(権)を与える片務契約であり、目的物の引渡しがなくても、当事者間の合意のみで成立するため、( ア )である。無償で財産(権)を与えることから、贈与者は、原則として、贈与の目的物の瑕疵または不存在について、責任を( イ )とされている。なお、( ウ )贈与は、各当事者が撤回することができる。ただし、履行の終わった部分についてはこの限りでない。

    1.(ア)要物契約  (イ)負う     (ウ)書面によらない
    2.(ア)諾成契約  (イ)負わない  (ウ)書面によらない
    3.(ア)要物契約  (イ)負わない  (ウ)書面による
    4.(ア)諾成契約  (イ)負う     (ウ)書面による

ページトップへ戻る
   

問51 解答・解説

贈与契約に関する問題です。

贈与は、無償で財産をあげますという片務契約(相手に対価を何も要求しない契約)で、実際にその財産を引き渡さなくても当事者間の合意のみで成立する諾成契約です。

また、無償で財産を与えるため、もし贈与した財産が欠陥住宅だったり、そもそもそんな財産がなかったとしても、責任を負わないとされています。

なお、贈与契約が書面でなく口頭の場合は、まだ履行していない部分については「やっぱやめますわ」と取り消すことができますが、書面で契約した場合は、相手がOKしてくれないと取り消せません。

従って正解は、2.(ア)諾成契約 (イ)負わない (ウ)書面によらない

問50             問52
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.