問24 2011年9月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

    一般的な固定利付債券の利回りや価格等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.オーバーパー(額面金額100円超)発行の債券の応募者利回り(単利)は、表面利率を下回る。

    2.債券の価格が下落すると、その債券の最終利回りは下落する。

    3.表面利率(クーポンレート)などの他の条件が同じであれば、残存期間が長い債券は、残存期間が短い債券よりも、金利変動に対する価格変動幅が大きい。

    4.残存期間などの他の条件が同じであれば、高クーポンの債券は、低クーポンの債券よりも、金利変動に対する価格変動幅が小さい。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の利回りや価格に関する問題です。

1.は、適切。応募者利回りとは、新発債を償還期限まで保有していた場合の利回りです。
例えばオーバーパー101円発行の新発債を償還期限まで保有すると、額面金額100円で償還されますから、差額1円は損失となり、金利分(額面金額に対する金利)だけが利益となるわけです。
表面利率は額面金額に対する利率ですから、当然オーバーパー債券の応募者利回りは、表面利率より低くなるわけです。

2.は、不適切。債券の価格が下落すると、当初の設定利率(表面利率)はそのままですので、その債券の最終利回りは上昇します。
 (生み出す利息は一緒のものが安く買えるわけですから、最終的な利回りは上昇するわけです。)

3.は、適切。残存期間が長い債券は、残存期間が短い債券よりも、償還時までに金利変動の影響を受ける期間が長いため、金利変動に対する価格変動幅が大きくなります
他の条件が同じなら、その債券価格は残存期間の長さ(残存期間中に受け取る利子)と市場金利(同期間中に市場金利で受け取る利子)によって決まります。例えば、残存期間1年と10年の債券では、当然10年の債券の方が価格が高いです。
ここで、1%の市場金利の変動があると、残存期間1年の債券にとっては金利の影響を受けるのは今後1年だけですから、大した変動ではありませんが、10年の債券にとっては今後10年間受け取る利子のオトク度に影響する変動のため、大きな値動きになってしまいます。
言い換えれば、残存期間の長い債券の方が、残存期間中に受け取る利子に対して、同期間中に市場金利で受け取る利子の差が大きく、価格変動幅も大きいといえます。

4.は、適切。債券の価格は、市場金利が上昇すると下落し、市場金利が低下すると上昇しますが、高クーポン(高金利)と低クーポン(低金利)の債券を比較した場合、低クーポン債券の方が、金利の変動に対する価格変動幅は大きくなります
他の条件が同じなら、その債券価格はクーポンと市場金利の差によって決まります。例えば、クーポン1%と10%の債券では、当然10%の債券の方が価格が高いです。
ここで、1%の市場金利の変動があると、クーポン10%の債券には大した変動ではありませんが、1%の債券にとってはクーポン分と同じ変動のため、大きな値動きになってしまいます。
言い換えれば、低クーポン債券の方が、市場金利の金利変動幅がクーポンに占める割合が高く、価格変動幅も大きいといえます。

問23             問25
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.