問22 2011年9月学科

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文択一問題

    契約型の委託者指図型投資信託の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1.運用報告書の作成は、委託者(投資信託委託会社)が行う。

    2.目論見書の作成は、受託者(信託会社等)が行う。

    3.受益証券の発行は、受託者(信託会社等)が行う。

    4.信託財産の名義人は、委託者(投資信託委託会社)である。

ページトップへ戻る
   

問22 解答・解説

投資信託の仕組みに関する問題です。

契約型の委託者指図型投資信託とは、一般的な投資信託のことで、投資家(受益者)が販売会社に申し込み、運用会社(委託者)がその申込金を信託銀行(受託者)に信託して運用指図を行い、実際の運用は信託銀行が行います。

1.は、適切。運用報告書の作成は、委託者(投資信託委託会社)が行います。運用報告書は指図の結果を報告するものですから、指図した委託者が作成するわけです。

2.は、不適切。目論見書の作成は、委託者(投資信託委託会社)が行います。目論見書は運用方針等を説明するものですから、運用指図する委託者が作成するわけです。

3.は、不適切。受益証券は、投資信託の利益を受ける権利を証明するもの(株式の株券と同じ)で、委託者(投資信託委託会社)が発行します。
ただし、現在では株券電子化に伴い、投信の受益証券もほとんど発行されません。

4.は、不適切。信託財産の名義人は、受託者 (信託会社等)です。つまり、投信を購入 した投資家のお金は、名目上信託銀行の財産となります。

問21             問23
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.