問14 2011年9月学科

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文択一問題

    自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)および任意加入の自動車保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.自賠責保険の支払限度額は、被害者1名につき、死亡については3,000万円、傷害については120万円である。

    2.二輪自動車および原動機付自転車については、自賠責保険の加入は強制ではなく任意である。

    3.自動車保険の対人賠償保険では、運転免許の失効中に自動車を運転した者が、自動車事故により相手方に損害を負わせた場合でも、保険金が支払われる。

    4.人身傷害補償保険では、自動車事故により記名被保険者が死傷した場合、保険金額の範囲内で自己の過失分を含めて、保険金が支払われる。

ページトップへ戻る
   

問14 解答・解説

自賠責保険と任意保険に関する問題です。

1.は、適切。自賠責保険の支払限度額は、被害者1名につき、死亡による損害については最高3,000万円、傷害による損害については最高120万円です。
なお、一定の後遺障害の場合は最高4,000万円です。

2.は、不適切。自賠責保険は加入義務がある強制保険で、加入なしに運行することはできません(2輪車や原付含む)。

3.は、適切。対人・対物賠償保険では、運転免許失効中でも、第三者の財産への損害は、補償されます。
この他飲酒運転などでも、被害者への賠償である対人・対物賠償保険は補償対象です。

4.は、適切。人身傷害補償保険では、自己の過失部分も含めて、契約した保険金の範囲内で損害額が全額補償されます。

問13             問15
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.