問39 2011年5月実技(資産設計)

問39 問題文と解答・解説

問39 問題文

    則夫さんは大学卒業以来、平尾商店の事業に従事しており、その間、国民年金の第1号被保険者として、保険料を継続して納付している。今後60歳になるまで納付を続けると納付月数は447月に達する。
    則夫さんが62歳到達月に老齢基礎年金の繰上げ請求をした場合、受給できる額として、正しいものはどれか。なお、受給できる額については、下記<資料>に基づいて計算することとする。

    <資料>
    ・ 満額の老齢基礎年金  792,100円(平成22年度価額)
    ・ 加入可能年数       40年(なお、則夫さんは60歳以降、任意加入しないものとする)
    ・ 繰上げ受給減額率      0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数
    ・ 年金額の端数処理
     年金額の計算過程においては、円未満を四捨五入し、繰上げ受給の老齢基礎年金の年金額については50円未満の端数が生じたときはこれを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときは、これを100円に切り上げるものとする。

    1. 516,400円
    2. 604,900円
    3. 649,500円
    4. 737,600円

ページトップへ戻る
   

問39 解答・解説

老齢基礎年金の繰上げ受給に関する問題です。

老齢基礎年金を繰上げ受給する場合、一ヶ月につき0.5%減額となりますので、まずは繰上げ受給をしない場合の老齢基礎年金額を計算します。
老齢基礎年金額の計算式は、以下の通りです。
老齢基礎年金=満額の基礎年金×(納付済月数+免除分調整月数)/(加入可能年数×12)

満額の基礎年金額は792,100円(平成22年度価額)、納付済月数は447月、免除分は無し、加入可能年数は40年ですから、
則夫さんの老齢基礎年金額=792,100円×447月/(40年×12)
                                      =737643.125円≒737,643円(円未満四捨五入)

次に、「62歳到達月に繰上げ請求」ですから、62歳到達月から65歳になる月の前月までの月数は、36ヶ月です。
よって、繰上げ受給減額率=0.5%×36ヶ月=18% となり、この分だけ年金が減額されます。

繰上げ支給額=老齢基礎年金×(1−0.5%×請求月から65歳到達月の前月までの月数)
                     =737,643円×(1−18%)
                     =604867.26≒604,900円
                       (50円未満切捨て、50円以上100円未満四捨五入)

問38                     問40
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.