問38 2011年5月実技(資産設計)

問38 問題文と解答・解説

問38 問題文

    預金保険制度に関して、FPの楠本さんが行った次の説明の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。

    「仮に、平成23年10月にJX銀行(日本国内に本店のある普通銀行)が破綻したとすると、則夫さんがJX銀行に保有している預金等(下記<資料>参照)のうち、預金保険制度で保護される金額(最大金額)は( ア )です。」

    <資料>
    <則夫さんがJX銀行に保有する金融商品の明細>
    (1) 個人用の預金等
      普通預金    :150万円(決済用預金ではない)
      定期預金    :320万円
      投資信託    :120万円(主として国内株式を投資対象とするものである)
      個人向け国債: 60万円
    (2) 平尾商店の事業用預金
      当座預金    : 80万円
      定期預金    :500万円
    注:利息については考慮しないこと。また、則夫さんはJX銀行からの借入れはない。

    1. 1,000万円
    2. 1,050万円
    3. 1,080万円
    4. 1,110万円 

ページトップへ戻る
   

問38 解答・解説

預金保険制度に関する問題です。
銀行が破綻した場合、預金保険制度により、預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護されます(利息のつかない決済用預金は全額保護)。

資料のうち、投資信託と個人向け国債は、預金ではないため預金保険制度の対象外です。また、当座預金は利息のつかない決済用預金ですので、全額保護されます。
よって、元本1,000万円までとなるのは、普通預金150万円・定期預金320万円・事業用の定期預金500万円です。
よって、150万円+320万円+500万円=970万円 となります。

従って、預金保険制度で保護される金額(最大金額)は、
970万円+当座預金80万円=1,050万円

従って正解は、2.1,050万円

問37                     問39
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.