問21 2011年5月実技(資産設計)

問21 問題文と解答・解説

問21 問題文

    下記<資料1>、<資料2>に基づき、各人の相続税の課税価格に加算される財産の価額に関する次の(ア)〜(ウ)の記述について、正しいものには○、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。
    <資料1>
    平成23年3月20日に死亡した、被相続人・桑木太郎さんの相続人は次のとおりである。
     

    <資料2>
    各相続人は、桑木太郎さんの相続開始前に、次のとおり贈与により財産を取得している。
     
    ※各相続人はすべて相続により財産を取得している。
    ※長男は平成18年から相続時精算課税制度を選択している。なお、長男以外は相続時精算課税制度を選択していない。
    ※妻は、平成21年1月15日の贈与については、翌年の贈与税の申告において、贈与税の配偶者控除の適用を受けている。

    (ア)妻の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、1,500万円である。
    (イ)長男の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、800万円である。
    (ウ)長女の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、600万円である。

ページトップへ戻る
   

問21 解答・解説

相続税の課税価格に加算する贈与財産(みなし相続財産)に関する問題です。

(ア)は、×。贈与税の配偶者控除の適用を受けている場合、相続開始前3年以内に贈与された財産でも、配偶者控除に相当する部分は、相続税の課税価格に加算する必要はありません
よって、妻の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、0円です。

(イ)は、×。相続時精算課税の適用を受けると、相続開始前3年以内の贈与に限らず、贈与された財産は贈与時の価額で、相続税の課税価格に加算されます。
よって、長男の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、500万円+800万円=1,300万円です。

(ウ)は、○。相続開始前3年以内に贈与された財産は、相続税の課税価格に加算されます(加算される価額は、贈与時の価額)
よって、長女の相続税の課税価格に加算する贈与財産の合計額は、贈与時の価額600万円です。

問20             問22
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.