問14 2011年5月実技(資産設計)

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

    筒井健太さんが契約しようと考えている火災保険と地震保険に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

    ・ 火災保険の保険金額が下記のとおりである場合、地震保険の保険金額として、居住用建物( ア )万円、家財( イ )万円の範囲内で契約することができる。
    ●火災保険の保険金額:居住用建物…4,000万円、家財…2,000万円

    ・ 地震保険の年間保険料65,000円を支払った場合(地震保険料控除の経過措置適用の対象となる長期損害保険契約等はない)、所得税の地震保険料控除額は、( ウ )円である。

    1.(ア)1,200〜2,000  (イ)1,000〜2,000  (ウ)65,000
    2.(ア)1,200〜2,000  (イ)  600〜1,000  (ウ)50,000
    3.(ア)2,000〜4,000  (イ)  600〜1,000  (ウ)65,000
    4.(ア)2,000〜4,000  (イ)1,000〜2,000  (ウ)50,000

ページトップへ戻る
   

問14 解答・解説

火災保険と地震保険に関する問題です。

地震保険は、単独では加入できず、火災保険等に付帯して加入する必要がありますが、地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30〜50%の範囲内(建物は上限5,000万円、家財は上限1,000万円)で、加入者が自由に設定できます。

従って、火災保険の保険金額が居住用建物4,000万円・家財2,000万円の場合、地震保険の保険金額は、居住用建物1,200〜2,000万円・家財600〜1,000万円の範囲内となります。

また、地震保険料控除の上限は所得税5万円・住民税2.5万円で、所得税では支払った保険料全額が控除され、住民税では保険料の2分の1が控除されますので、年間の支払保険料額が5万円を超えている場合、所得税の地震保険料控除額は5万円となります。

以上により正解は、
2.(ア)1,200〜2,000 (イ)  600〜1,000 (ウ)50,000

問13             問15
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.