問4 2011年5月実技(資産設計)

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

    会社員の有馬さん(35歳・障害者ではない)が保有している下記<資料>の普通社債(新規発行)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    <資料/社債発行目論見書の一部>
    [MX株式会社普通社債]
    発行価格:額面100円につき金100円       表面利率 :年1.03%(税引前)
    利払日  :毎年5月20日、11月20日        申込期間 :平成23年5月6日〜5月18日
    払込期日:平成23年5月20日            経過利子の調整額:なし
    償還日  :平成26年5月20日            償還金額 :額面100円につき金100円
    取得格付:BBB(指定格付機関による)    主幹事証券会社  :MW証券株式会社

    1.有馬さんがこの社債を額面100万円分保有する場合 、利払日に受け取れる1回分の税引後利息は8,240円である。

    2.格付けBBBのこの社債は、通常、投資不適格債と呼ばれる。

    3.万一、MX株式会社が額面分の金額を投資家に償還できない場合、MW証券株式会社が投資家に額面分の償還をすることを保証している。

    4.この社債を償還日前に換金する場合、受渡代金の計算基準となる債券価格は、その時の市場金利やMX株式会社の財務状況等の影響を受ける。

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

債券投資に関する問題です。

1.は、不適切。表面利率年1.03%の社債100万円分を保有する場合、税引後利息は、
100万円×1.03%×(1−20%)=8,240円 です(社債の利子は20%源泉分離課税)。
ただし、本問の社債の利払日は、毎年5月20日と11月20日の2回ですので、「1回分の税引後利息」は、8,240円の半分=4,120円です。

2.は、不適切。格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。

3.は、不適切。主幹事証券会社とは、有価証券の発行条件や引受契約内容などを、主導的に発行会社と交渉する証券会社ですが、投資家への償還を保証しているわけではありません。

4.は、適切。社債を中途換金する場合、売却時の市場金利や発行会社の財務状況等の影響を受けて、債券価格も変動しているため、投資元本を割り込んでしまうこともあります。

問3             問5
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.