問12 2011年5月実技個人資産相談業務

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

ファイナンシャル・プランナーは,仮に,Aさんが《設例》の〈提案概要〉を前提として等価交換に応じる場合に取得できる専有床面積を,市場性比較方式(収益還元方式)によって求めた。下記〈計算式〉の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。

<計算式>
 

*計算式にある「□□□」の部分は,問題の性質上明らかにできないため,それぞれ数値を伏せている。

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

    等価交換における専有床面積計算に関する問題です。

    〈提案概要〉より、デベロッパーは1u当たり750千円で販売し、粗利益込みで750,000千円は販売する必要があると考えているようです。

    1u当たりの販売単価×デベロッパーの必要専有面積=必要販売額 ですから、
    750千円×デベロッパーの必要専有面積=750,000千円 となり、
    デベロッパーの必要専有面積=750,000千円/750千円=1,000u となります。

    デベロッパーの必要専有面積の残りが、土地所有者の専有床面積ですので、
    土地所有者の専有床面積=専有床面積合計−デベロッパーの専有床面積
                     =1,600u−1,000u=600u

    従って正解は、(1) 750,000  (2) 750  (3) 1,600  (4) 600

問11             第5問
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.