問9 2011年5月実技生保顧客資産相談業務

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

Mさんは,Aさんに対して,<資料2>の福利厚生プランおよび中小企業退職金共済制度(以下,中退共という)に関するアドバイスをした。MさんのAさんに対するアドバイスに関する次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答欄に記入しなさい。

(1) 「福利厚生プランは従業員の退職金準備が目的であり,原則として,従業員全員を被保険者とする等の普遍的加入でなければ,支払保険料の2分の1を福利厚生費として,損金の額に算入することができませんので注意してください」

(2) 「X社が全額負担する中退共の掛金は,原則として,従業員全員を加入させることにより,その2分の1を福利厚生費として,損金の額に算入することができます」

(3) 「従業員が中途退職した場合,福利厚生プランの解約返戻金および中退共の退職金は,契約者であるX社が受け取ることになります」

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

    退職金目的の養老保険と中退共に関する問題です。

    (1) は、○。法人が役員・従業員を被保険者とし、その遺族を死亡保険金受取人、法人を満期保険金受取人とする養老保険の場合、支払保険料の2分の1を損金参入するためには、従業員全員が被保険者となる普遍的加入が必要です。

    (2) は、×。中退共は、原則従業員全員の加入が必要ですが、掛金は全額福利厚生費として損金算入できます。

    (3) は、×。従業員が中途退職した場合、法人が従業員にかけていた養老保険の解約返戻金は、契約者である法人が受け取りますが、中退共の退職金は、全額従業員が受け取ることになります。
    なお、中退共の退職金は、法人を介さずに、直接中退共から従業員に支払われます。

問8             第4問
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.