問34 2011年5月学科

問34 問題文と解答・解説

問34 問題文択一問題

    所得税の医療費控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1.人間ドックにより重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合における当該人間ドックの費用は、医療費控除の対象となる。

    2.自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代については、医療費控除の対象となる。

    3.入院をする際に必要とされる寝具や洗面器などの身の回り品の購入費用は、医療費控除の対象となる。

    4.健康増進のために用いられるビタミン剤などの購入費用は、医療費控除の対象となる。

ページトップへ戻る
   

問34 解答・解説

医療費控除に関する問題です。

1.は、適切。人間ドックでの検査費用は、検査で重大な疾病が発見され、引き続き疾病の治療を行った場合に、医療費控除の対象となります。
つまり、何の問題もなかったときは、人間ドックの費用は医療費控除対象外です。

2.は、不適切。医療機関への交通費は、公共交通機関を利用した場合は医療費控除の対象となります(タクシーは緊急時のみ対象)が、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代は、医療費控除の対象外です。

3.は、不適切。入院の際に必要となる寝具や洗面器といった身の回り品の購入費用は、医療費控除の対象外です。

4.は、不適切。健康増進のための支出は、医療費控除の対象外です。例えば、ビタミン剤の購入費や治療目的でないスポーツクラブの会員費等が該当します。

問33             問35
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.