問10 2011年5月学科

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文択一問題

    企業の資金調達に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.資金調達は、月次ベースでの資金繰りだけを考慮しても、月の途中で一時的に資金不足となることもあるため、日次ベースの資金繰りも考慮したうえで行う必要がある。

    2.少人数私募債は、親族や取引先等の縁故者(50人未満)を対象として、企業が社債を発行して資金を調達する方法である。

    3.設備投資は、一般に、多額の資金が必要となるため、その投資効果や中長期的な資金繰りを十分に検討したうえで、資金の調達計画を考える必要がある。

    4.金融機関からの借入れによる資金調達は、キャッシュフロー計算書のうち、「投資活動によるキャッシュフロー」に反映される。

ページトップへ戻る
   

問10 解答・解説

企業の資金調達に関する問題です。

1.は、適切。企業の資金調達は、月の途中での一時的な資金不足を回避すべく、月次ベースだけでなく、日次ベースの資金繰りも考慮して行う必要があります。

2.は、適切。少人数私募債とは、親族、知人、取引先などの縁故者(50人未満)に、企業が社債を発行して資金調達する方法です。
一般に中小企業が発行するもので、無担保です。

3.は、適切。多額の資金が必要となる設備投資は、投資効果や中長期的な資金繰りを十分に検討したうえで、資金の調達計画を考える必要があります。
中長期的な資金繰りが厳しくなると、製品を作る工場はあっても原料を仕入れる現金がない、ということになりかねません。

4.は、不適切。金融機関からの借入れによる資金調達は、キャッシュフロー計算書のうち、「財務活動によるキャッシュフロー」に反映されます。
 キャッシュフロー計算書は、企業の収入と支出(キャッシュフロー(CF))を営業活動・投資活動・財務活動ごとに区分して表示したものです。
  営業CF : 本業による収入と支出
  投資CF : 固定資産や株・債券などの取得・売却時の収入と支出
  財務CF : 借入金による調達や返済、自社の株や債権に関する収入と支出

問9             問11
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.