問41 2011年1月学科

問41 問題文と解答・解説

問41 問題文択一問題

    不動産の登記に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1.土地に関する登記記録は、一筆の土地ごとに作成される。

    2.登記記録に記録されている地番や家屋番号は、市町村が定める住居表示と一致している。

    3.所有権に関する事項は、登記記録の表題部に記録される。

    4.賃借権に関する事項は、登記記録の権利部甲区に記録される。

ページトップへ戻る
   

問41 解答・解説

不動産の登記に関する問題です。

1.は、適切。土地の登記記録は、一筆の土地ごとに作成されます。「筆(ひつ)」とは土地登記上で土地を数える単位で、一筆の土地ごとに一つの所有権が認められます。

2.は、不適切。登記記録の地番や家屋番号は、土地の場所や権利範囲を表すもののため、市町村が定める住居表示とは一致していません

3.は、不適切。所有権に関する事項は、登記記録の権利部甲区に記録され、所有権以外の権利に関する事項は権利部乙区に記録されます。
なお、表題部には土地・建物に関する物理的状況が記録されます。

4.は、不適切。賃借権に関する事項は、所有権以外の権利ですので、登記記録の権利部乙区に記録されます。
なお、所有権以外の権利としては、賃借権のほかには抵当権などがあります。

問40             問42
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.