問40 2011年1月学科

問40 問題文と解答・解説

問40 問題文択一問題

    企業の決算書および法人税の申告書に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.貸借対照表は、企業の一定時点の財政状態を示したものである。

    2.損益計算書は、企業の一会計期間における資金の調達源泉と使途を示したものである。

    3.キャッシュフロー計算書は、一会計期間における企業の資金の増減を示したものである。

    4.法人税法上の所得金額は、確定した決算に基づく会計上の利益をもとに、申告調整を行い計算される。

ページトップへ戻る
   

問40 解答・解説

企業の決算書・法人税の申告書に関する問題です。

1.は、適切。貸借対照表は、企業の一定時点の資産と債務が記載されており、財政状態を示したものといえます。また、資金の調達源泉と使途を示したものでもあります。

2.は、不適切。損益計算書は、企業の一会計期間における収益と費用を示したもので、利益の大きさとその発生源泉(本業か臨時収入か等)を示したものでもあります。

3.は、適切。キャッシュフロー計算書は、一会計期間における企業の資金の増減(収入と支出)を示したものです。

4.は、適切。法人税法上の所得金額は、決算で示された会計上の利益のうち、益金・損金に算入・不算入するものの申告調整を行い計算されます。
会計上は利益(損失)でも、法人税法上では益金(損金)に算入しない(不算入)ものがあるためです。

問39             問41
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.