問32 2011年1月学科

問32 問題文と解答・解説

問32 問題文択一問題

    所得税額の計算において、分離課税の対象となる所得として、正しいものはどれか。

    1.退職手当等に係る退職所得

    2.ゴルフ会員権の譲渡に係る譲渡所得

    3.終身保険の解約返戻金に係る一時所得

    4.公的年金等に係る雑所得

ページトップへ戻る
   

問32 解答・解説

所得税における課税方法に関する問題です。

1.は、分離課税の対象です。退職所得は分離課税の対象で、計算式は以下の通り。
退職所得=(退職収入−退職所得控除額)×1/2

2.は、総合課税の対象です。ゴルフ会員権の譲渡による譲渡所得は総合課税となりますが、譲渡により損失が出た場合は他の所得と損益通算可能です。

3.は、総合課税の対象です。終身保険の解約返戻金は、一時所得として総合課税の対象ですが、その際の計算式は以下の通り。
一時所得=解約返戻金−払込保険料合計−特別控除50万円
※総所得金額計算の際は、さらに1/2の額が加算対象。

4.は、総合課税の対象です。公的年金は、通常の雑所得とは別に、「公的年金等に係る雑所得」として扱われ、年金収入や年齢に応じた一定の控除を受けた後、総合課税されます。

問31             問33
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.