問31 2011年1月学科

問31 問題文と解答・解説

問31 問題文択一問題

    所得税に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.所得税は、原則として、1月1日から12月31日までの期間に生じた個人の所得に対して課される税金である。

    2.所得金額の計算上、収入金額に計上すべき金額は、その年において収入として実際に受け取った金額であり、原則として、年末における未収入の売上代金は含まれない。

    3.事業所得の金額の計算上、必要経費に算入すべき金額は、原則として、収入金額に係る売上原価およびその年における販売費や一般管理費などである。

    4.所得税の確定申告書は、原則として、所得が生じた年の翌年2月16日から3月15日までの期間に、納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。

ページトップへ戻る
   

問31 解答・解説

所得税に関する問題です。

1.は、適切。所得税は、原則として1月1日から12月31日までの期間に生じた個人の所得に対して課税されます。

2.は、不適切。収入金額に計上する金額は、その年に収入として実際に受け取った金額だけでなく、年末時点で未収入の売上代金も含まれます

3.は、適切。事業所得の計算上、必要経費に算入する金額は、収入金額に係る売上原価(商品の仕入れ代等)やその年の販売費(広告宣伝費等)や一般管理費(人件費、高熱水費等)などです。

4.は、適切。所得税の確定申告書の提出期限は、翌年2月16日から3月15日までで、納税地の所轄税務署長に提出します。

問30             問32
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.