問23 2011年1月学科

問23 問題文と解答・解説

問23 問題文択一問題

    わが国における「純金積立」の一般的な仕組みおよび特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.毎月定額で金を積み立てる仕組みとなっており、ドル・コスト平均法で投資される。

    2.毎月購入する金の価格は、1トロイオンス当たりの米ドル建て価格で表示されている。

    3.国債や株式とは異なり、利子や配当は支払われない。

    4.時価で換金する方法のほか、金地金等の現物で引き取る方法もある。

ページトップへ戻る
   

問23 解答・解説

純金積立の仕組みと特徴に関する問題です。

1.は、適切。純金積立は、毎月定額で金を積み立てる仕組みですので、ドル・コスト平均法により、金価格下落時は購入量が増え、上昇時は購入量が減ります

2.は、不適切。純金積立で表示される金価格は、1グラム当たりの円価格で表示されます。1トロイオンス当たりの米ドル建て価格で表示されるのは、国際価格です。
(トロイオンスとは、貴金属や宝石の原石の計量に用いられる独特の単位です。)

3.は、適切。純金積立は、国債や株式とは異なり、利子や配当は支払われません

4.は、適切。純金積立には、その時点の金価格相当のお金に換えて受け取る「時価換金」のほか、金地金等の現物(金の延べ棒など)を受け取る方法もあります

問22             問24
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.