問13 2011年1月学科

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文択一問題

    個人向けの生命保険商品に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.養老保険は、保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が支払われ、保険期間が満了した場合は満期保険金が支払われる。

    2.積立利率変動型終身保険は、通常、積立利率が保険会社所定の基準を上回った場合には、死亡保険金額(基本保険金額)や解約返戻金額が増加する。

    3.収入保障保険(特約)は、被保険者が死亡した場合、所定の期間、死亡保険金が年金形式で支払われる。

    4.低解約返戻金型の終身保険は、他の条件が同一であれば、一般的な終身保険に比べ、保険料が割高である。

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

生命保険の商品性に関する問題です。

1.は、適切。養老保険は、保険期間中に被保険者が死亡すると死亡保険金、保険期間満了後は満期保険金が支払われます。

2.は、適切。積立利率変動型終身保険は、保障は一生涯で、運用実績(積立利率)によっては死亡保険金や解約返戻金が増加しますので、保障と同時に長期的な貯蓄機能も備えた保険といえます。

3.は、適切。収入保障保険や収入保障特約では、被保険者が死亡すると、一定期間死亡保険金が年金形式で保険金受取人に支払われます
保険金を年金形式で受け取ると、税負担が軽減されるメリットがあります。

4.は、不適切。低解約返戻金型の終身保険とは、解約返戻金が一般的な終身保険より低い終身保険です。貯蓄性を抑えていることから、他の条件が同一であれば、一般的な終身保険に比べて保険料が割安です。

問12             問14
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.