問2 2011年1月学科

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文択一問題

    国民健康保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.国民健康保険の保険者には、市町村(特別区を含む)が保険者になるものと、国民健康保険組合が保険者になるものがある。

    2.市町村(特別区を含む)の区域内に住所を有する者は、健康保険の被保険者およびその被扶養者等を除いて、国民健康保険の被保険者となる。

    3.国民健康保険の保険料は、所得割や均等割等により計算され、その保険料率は市町村(特別区を含む)により異なる。

    4.医療費の一部負担金(自己負担額)の割合は、75歳未満の者については、一律3割である。

ページトップへ戻る
   

問2 解答・解説

国民健康保険に関する問題です。

1.は、適切。国民健康保険の保険者には、市町村(特別区を含む)が保険者になるものと、国民健康保険組合が保険者になるものがあります
 国民健康保険組合とは、同業種の自営業者等を組合員とするもので、一般に国民健康保険よりも保障が充実しています。

2.は、適切。国民健康保険の被保険者は、健康保険の被保険者およびその被扶養者等以外の、市町村(特別区を含む)の区域内に住所を有する者です。

3.は、適切。国民健康保険の保険料は、所得割や均等割等により計算され、その保険料率は市町村(特別区を含む)により異なります

4.は、不適切。医療費の一部負担金(自己負担額)の割合は、70歳以上75歳未満の場合は、原則1割で、現役並みの所得がある人は3割です。

問1             問3
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.