第5問 2010年9月実技個人資産相談業務

第5問 問題文と資料

第5問 問題文

次の設例に基づいて,下記の各問(《問13》〜《問15》)に答えなさい。

《設 例》
Aさんは,平成22年5月に70歳になった。Aさんの推定相続人は,妻Bと長女C,二女Dの3人である。
Aさんは平成22年中に,結婚して40年になる妻Bに下記の自宅を贈与するとともに,マイホームの取得を予定している長女Cに住宅取得資金を贈与し,また,二女Dには上場株式を贈与した。

なお,同年中に,これらの贈与以外にAさんから推定相続人に対する贈与はいっさいない。また,Aさんおよびその親族は日本国籍で,かつ日本国内に住所を有し,財産はすべて日本国内にあるものとする。

ページトップへ戻る
   

第5問 資料

    〈Aさんの自宅〉
      建物,敷地ともにAさんが100%所有していた。
      建物の固定資産税評価額  10,000千円(このうち,50%を妻Bに贈与)
      敷地の相続税評価額     50,000千円(このうち,40%を妻Bに贈与)

    ※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問12             問13
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.