問10 2010年9月実技個人資産相談業務

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文

全部事項証明書およびAさんが購入しようとしている土地に関する以下の文章の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な語句または数値を,下記の〈語句群〉のA〜Lのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

土地の全部事項証明書の権利部(甲区)には,( 1 )の保存,移転およびこれらに係る( 2 )および差押え等の( 1 )に関する事項が記載され,権利部(乙区)には,賃借権や抵当権など,( 1 )以外の権利に関する事項が記載されている。

土地の購入に際しては,物件調査のほか,十分な価格水準の把握が必要であるが,通常は前面道路の相続税路線価がわかれば,おおむね下記のとおり判定できる。

すなわち,当該土地の相続税財産評価上の本年分の相続税路線価が1u当たり210千円の場合,これを( 3 )で割り戻すことによって,公示価格ベースに換算すると,土地の価額は,( 4 )千円となる。

〈語句群〉
A.物権     B.占有権    C.所有権    D.仮登記    E.地役権の登記
F.地上権の登記   G.0.6    H.0.7     I.0.8    J.52,500
K.60,000    L.70,000

ページトップへ戻る
   

問10 解答・解説

    不動産の登記に関する問題です。

    土地の全部事項証明書とは、登記記録に記録されている事項の全部を証明したものですので、土地の全部事項証明書=登記記録ということです。

    登記記録の権利部(甲区)には、所有権に関する事項(所有権の保存・移転・仮登記・差押え等)に関する事項が記載され、権利部(乙区)には、所有権以外の権利に関する事項(賃借権や抵当権)が記載されます。

    また、相続税路線価は公示価格の8割程度の水準ですから、公示価格=相続税路線価÷0.8 で表せ、土地の価額=公示価格×地積 となります。

    よって相続税路線価が1u当たり210千円の場合、公示価格=210千円÷0.8=262.5千円
    設例より地積は200uですから、土地の価額=262.5千円×200u=52,500千円

    従って正解は、(1) C.所有権  (2) D.仮登記  (3) I.0.8  (4) J.52,500

第4問             問11
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.